埋没毛ができる原因と電動シェーバーによる埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
誤った自己処理によって、肌の表面を傷つけるだけでなく埋没毛ができる原因に繋がります。

それは、肌の表面を角質が覆う形になるので、毛が外側に出てこれなくなるので、皮膚の中で毛が成長することになるからです。

さらに、剃刀での自己処理は毛先を斜めに切るので、毛の向きと逆方向に剃ると肌を傷つけやすくなります。

そのため、毛を剃ることにより肌の表面を傷つけるため何度も同じ箇所を剃刀で剃ると埋没毛が悪化することになります。

よって、剃刀で剃る前に、肌に傷ができて炎症が起こらないようにシェービングローションを塗るのがポイントとなります。

さらに、シェービングローションを塗ることで毛を柔らかくすることができるので、肌に掛ける負担を減らすことにも繋がります。

電動シェーバーを使うのがお勧め

剃刀だと埋没毛を処理することができないので、剃って埋没毛を処理する際は電動シェーバーを使うのがお勧めとなります。

電動シェーバーは、剃刀より肌に掛ける負担を減らすことができる上に、肌の角質化を予防できます。

とはいえ、電動シェーバーで剃る前は肌を保湿することで、肌のトラブルが起こるのを未然に防ぐのが埋没毛を処理するのに重要となります。

そして、電動シェーバーで埋没毛を処理した後は、剃ることによって乾燥した状態の肌を保湿するのがポイントとなります。

よって、電動シェーバーを使う際は肌の角質化を防ぐために、剃る前と剃った後に肌を保湿するのが大切です。