自分で脱毛する

毛抜きで脱毛するメリットとデメリット

毛抜き脱毛の特徴

kenuki毛抜き脱毛の特徴と言えば「痛い」「時間がかかる」「仕上がりがキレイ」の3つでしょう。毛抜き脱毛はいいところもあれば、悪いところもある方法なのです。では毛抜きで脱毛をするメリットをお教えしましょう。

毛抜き脱毛のメリット

まずメリットで挙げられるのは先ほども言った通り「仕上がりがキレイ」と言う点ですね。毛抜きで脱毛を行うとムダ毛を毛穴の奥からしっかりと引き抜くことができます。このため丁寧に毛抜きを使って処理すると、その分仕上がりがとってもキレイになるのです。まるで初めからムダ毛がないようなキレイな肌に仕上がるのは毛抜きの脱毛のメリットです。きっちりムダ毛が無いように見せたい人には魅力的な方法でしょう。

毛抜き脱毛のデメリット

次にデメリットですが、実はこれが割と多いです。毛抜き脱毛では痛い&時間がかかるというのもデメリットの一部ですが、それよりも困ることがあります。それは毛抜きで脱毛をすると肌が荒れることです。知らずに毛抜きで脱毛を続けているとどんどん肌が荒れて行くのです。そしてやがて肌が色素沈着してどれほど時間をかけてキレイにムダ毛を処理しても見せられないような肌になります。毛抜き脱毛はそれだけ肌を傷める方法なのです。だから肌を大事にしておきたいと思うなら、毛抜きで脱毛をするのはやめておきましょう。

毛抜きは使うときに鋭い肌の痛みを感じませんか?「痛い」ということはそれだけお肌を傷つけているということなのです。その点を考えて見ると肌が荒れるのも分かるでしょう。毛抜きで脱毛をした場合には必ず肌を冷やして熱を取ったり、保湿クリームなどでじっくり保湿して肌ケアをしてください。

恵比寿脱毛口コミランキング

除毛クリームで脱毛するメリットとデメリット

除毛クリームの特徴

jomo除毛クリーム脱毛とはクリームを塗って放置するだけでムダ毛を処理できてしまうという特徴があります。塗るだけでいいなんてとっても魅力的ではありませんか?塗った除毛クリームは少量でムダ毛を溶かしてくれて、ムダ毛がぽろぽろ取れるのです。数分放置してあとは水で流すだけで脱毛が完了します。

除毛クリームのメリット

除毛クリームで脱毛するメリットは脱毛に時間がかからないところです。時間がないときにぱぱっと一気に脱毛できるのはうれしいポイントですよね。ムダ毛の処理にはみなさん時間をかけたくないでしょう。そんなときに除毛クリームがあれば短時間でちゃちゃっと脱毛することが可能なのです。入っている成分により、気になるムダ毛が数分後にボロボロ取れてくれて、あとは水で流すだけで面倒なムダ毛のの処理が簡単に終わってしまいます。ムダ毛の処理に急いでいるときにこのアイテムがあるすごく便利ですよね。手軽に脱毛できるのは魅力的なメリットです。

除毛クリームのデメリット

ではデメリットはあるのでしょうか?実はこの脱毛方法にはちょっと怖いデメリットがあります。それは人によって炎症のような症状を起こす場合があって、商品が肌に合わないと真っ赤に腫れたり、痒くなったりすることです。これは大きなデメリットになります。必ずパッチテストをして、肌に異常が起こらないかどうかをチェックしてお使いください。パッチテストで確かめておくと安心して使うことができるでしょう。肌が弱い人は敏感肌用のものもありますので、うまくお使いくださいね。

恵比寿脱毛口コミランキング

家庭用脱毛機のメリットとデメリット

家庭用脱毛機の特徴

katei家庭用脱毛器は、脱毛エステや医療機関を受診しなくても、自宅で気軽に機械を扱いながら好みの熱の温度でムダ毛を照射できる仕様になっています。
エステとほぼ同様レベルの脱毛効果を実感でき、月に複数回照射可能なタイプもあります。
今は肌に優しく手入れできる広範囲照射がメリットの光脱毛器が主流になってますが、出力度レベルの高い海外産のレーザー機種もあります。
又、家庭用脱毛器は1個のカートリッジで数千ショット照射できる物や、1回使い切りの物もあり、個々のムダ毛処理の頻度に見合ったランニングコストの脱毛器を選ぶ事が大切になります。

家庭用脱毛機のメリット

家庭用脱毛器のメリットは、自身のスケジュールを最優先にして気になる時にいつでも機械をセットしてムダ毛処理が出来る点が第一にあります。
ですから、毎回エステサロンの予約を取る苦労もないですし、何より入会金や会費など支払うコストも省略できるので、毎月経済的に脱毛ができます。
又、VIOなどの恥ずかしい部分も人前に見せる事なく、プライバシーが十分守られた中で脱毛できるのも家庭用脱毛器でしか味わえないメリットです。
最近の家庭用脱毛器には、美顔器や眉剃りセットも一緒に付属してる商品も少なくないので、全身のトータルケアが自由にできるのも魅力です。

家庭用脱毛機のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットを挙げるとするなら、初回に本体機器を購入する為の高い費用投資が必要になる点です。
エステでしたら、ほぼ初期費用ゼロ円で直ぐに脱毛施術できますが、家庭用脱毛器は本体の値段が少なくとも5〜10万円程度掛かります。
又、全身の脱毛に主に利用するならカートリッジの消耗が早くなるので、意外に毎月ランニングコストが掛かる点もデメリットです。
そして体の背面部分は、周囲の家族や友達の協力がない限り、エステのように自分で完璧に綺麗に仕上げるのが難しいので、どうしても細かい産毛の剃り残しが生じてしまう可能性もあります。
更に照射する前後の保湿ケアも徹底的にやらないと、乾燥肌を引き起こしたりもするので、敏感肌の人は特に慎重に扱う必要があります。

恵比寿脱毛口コミランキング