脱毛コラム

一人ではサロンの勧誘を断れないときには

勧誘を上手く断るには

埋没毛について考える女性
「やっぱり勧誘を断れる自信がない…」と一歩を踏み出せない方もまだまだいることでしょう。

脱毛サロンというのは勧誘が多いことで有名です。 従業員の方も売り上げを挙げたりノルマを達成するために必死になっています。

そういった勧誘が多いところではなかなか断りを入れるのは難しいところもあります。

そんな時はどうすればいいのか?一つの方法として友達や家族などと一緒に行って二人以上の環境を作ればいいのです。

まず、当たり前のことでっはありますが、一人よりも二人以上でいた方が心強いことは当たり前のことだと思います。人がいるだけでも心強く断りやすい空気を作りやすいものです。

複数人で行くと断りやすい

事前にどんなふうにサロンを利用するのかというようなことを話し合ってルールを決めておいたりできますから、事前の準備も万全です。 
言い出しやすい空気を作れることが一番のメリットです。

どの人といくのかという点では、大学の友だちや、家族の人と一緒に行くような方法(姉、妹、母といったところ)もありますので誰でもいいから連れて行った方がいいでしょう。

(なお、高校生など未成年の場合には契約の際、親の同伴を求められることもあります。)
また、複数人で行った方が契約がお得なこともありますので、なんにしても一人では不安の場合には二人以上で行きましょう。

産後に脱毛する時の2つの注意点

脱毛サロンや医療クリニックでは妊娠中や生理中の時に施術を受ける事を禁止しているので産後にムダ毛を処理する時にどうすればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで産後の脱毛で注意したい点を確認していきましょう。

産後の女性

基本的には半年後だけど不安なら1年後

妊娠中から出産時までは女性ホルモンの分泌量が多くなっていますが、産後になると急激に減ってしまいます。それによりホルモンバランスが乱れた状態が続いてしまうので脱毛するのはリスクが高くなってしまいます。産後のホルモンバランスの乱れが改善されてくるのは基本的に半年後と言われています。それで産後に脱毛する時も出産をしてから半年後が目安になります。しかし個人差があるので産後のホルモンバランスの乱れが改善されるまで半年以上かかってしまう場合もあります。不安な場合は出産をしてから1年後にしてみましょう。

産後は医療クリニックで施術を受けた方がいい

脱毛の施術は脱毛サロン医療クリニックで受ける事が出来ます。肌に負担がかからない事を重視すると脱毛サロンの方が適しています。しかし産後の場合は体調面で不安が出てきてしまうので施術中にトラブルが発生してしまう可能性も想定しておく必要があります。脱毛サロンではエステテシャンが担当してくれますが、医療クリニックでは医師が担当してくれます。また医療クリニックは医療機関なので産後に脱毛の施術を受ける時は医療クリニックを選んだ方がいいです。

埋没毛ができる原因と電動シェーバーによる埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
誤った自己処理によって、肌の表面を傷つけるだけでなく埋没毛ができる原因に繋がります。

それは、肌の表面を角質が覆う形になるので、毛が外側に出てこれなくなるので、皮膚の中で毛が成長することになるからです。

さらに、剃刀での自己処理は毛先を斜めに切るので、毛の向きと逆方向に剃ると肌を傷つけやすくなります。

そのため、毛を剃ることにより肌の表面を傷つけるため何度も同じ箇所を剃刀で剃ると埋没毛が悪化することになります。

よって、剃刀で剃る前に、肌に傷ができて炎症が起こらないようにシェービングローションを塗るのがポイントとなります。

さらに、シェービングローションを塗ることで毛を柔らかくすることができるので、肌に掛ける負担を減らすことにも繋がります。

電動シェーバーを使うのがお勧め

剃刀だと埋没毛を処理することができないので、剃って埋没毛を処理する際は電動シェーバーを使うのがお勧めとなります。

電動シェーバーは、剃刀より肌に掛ける負担を減らすことができる上に、肌の角質化を予防できます。

とはいえ、電動シェーバーで剃る前は肌を保湿することで、肌のトラブルが起こるのを未然に防ぐのが埋没毛を処理するのに重要となります。

そして、電動シェーバーで埋没毛を処理した後は、剃ることによって乾燥した状態の肌を保湿するのがポイントとなります。

よって、電動シェーバーを使う際は肌の角質化を防ぐために、剃る前と剃った後に肌を保湿するのが大切です。

脱毛によってワキガはどうなるのか?

厄介なワキガを改善するには

ワキガが気になる女性
ワキガで悩んでいる人が、脇の脱毛をすることによってワキガの臭いが強くなったとか言ったりと、ワキガ関連の話が出てきたりします。

こういったことを聞くとわき毛の脱毛をしないほうがいいのだろうか? といった感じを感じる方もいると思います。

本当のところはいったいどんな感じなのでしょうか?

実は、わき毛の脱毛をしたほうがワキガというのは改善することもあり得ます。

ニオイの原因である雑菌というのは、毛穴の毛根に多く繁殖しそこで汗があれば菌が繁殖する仕組みになっています。

そこに脱毛をすることによって毛がなくなると、雑菌がいるところもありませんので、菌の繁殖が減って臭いもしにくくなります。

脇の毛は処理しておいた方がいいで

脇毛があると、毛に異臭の成分や菌が付きやすいものですから、原因となるものがなくなる永久脱毛はとてもおすすめなのです。
ただ、一時的に脱毛をすることによって汗が出やすくなるようなことはあるようですが、それも基本はすぎに収まりますので心配はありません。

また、もともと汗が多いような方にとっては毛がなくなっても菌がまだまだいるケースがありますので、臭いが必ずしも改善するわけではありませんので注意が必要です。
脇の毛を処理してもワキガが悪化したりするようなことを心配しなくてもいいですし、改善するケースもありますので

しっかりと脇の毛は処理しておいた方がいいでしょう。

アンダーヘアの脱毛方法でレーザー脱毛は意外と肌に優しい?

アンダーヘアを脱毛するには

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛方法として脱毛サロンでレーザー脱毛をしてもらうということもできますけど、そのときには肌に対して負担が大きいのではないか?ということを気にする人もいると思います。

確かに肌に刺激が強くて、問題が起きそうということを考えている人もいると思うのです。

しかし、実際はレーザー脱毛というのは思ったほどの肌への負担にはならない可能性があります。

なぜならば、レーザー脱毛というのは特定の場所にしか当てないからです。

それは毛に対してで、毛が生えている部分だけに当てて、それ以外には当たらないようにしていますから、面積で言えばそこまで大きくないということになります。

肌への負担の大きさを少なくする

だから、レーザー脱毛ではレーザーが当たらない部分も結構ありますから、意外と肌へのダメージは少ないということが言えると思うのです。

したがって、レーザー脱毛の仕組みを考慮すると、そこまで肌への負担を考慮しないといけないというわけではないのです。

肌への負担が全くないというわけではないのですが、どういう方法をとっても少なからず肌に対して刺激があるので、レーザー脱毛でアンダーヘアの脱毛をするということでも同じということになります。

だから、レーザー脱毛を考えていたが、肌への負担の大きさからやめようか?と思っていた人は考え直してみると良いのではないか?と思います。